読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるきづき

これまで歩いてきた人生と、これから歩いていく人生で気づいたことを綴っていくブログ 〜ご飯と本と、時々、映画〜

えいがかんそう 【ラ・ラ・ランド】

⭐️

申し訳ないが、久々にハズレだなと思ってしまった。

 

売れないジャズピアニストの男とオーディションに落ちまくる女優志望の女のなんやかんやのラブストーリーなのだが、その「なんやかんや」の部分が全く共感出来ず、ラストの「これもひとつのハッピーエンドだよね☆」な感じがあまりにも納得出来ずイラッとしてしまった。

 

ミュージカル部分は、いい。衣装も鮮やかで、踊りも素敵で、いい。

ただ、ストーリーと主人公の行動が(゚Д゚)ハア?て感じで…。

 

少女マンガでよくありがちな「出会いは最悪!いけ好かない奴!だけど実はいい奴で…だんだん気になってきて…」みたいな方がまだよかった。でもそうじゃないんですよ、なんか急に付き合ってるんですよ。いや別にいいんですよ、ふっと恋に落ちちゃってても。ただ、手のひらクルッとひっくり返して付き合いたくなるような魅力的な部分がなかった!!男女ともになかった!!観てるこちらが「コイツら本当にいけ好かないな…」て思ってる間にくっついてた!!!イライラしてる間にラブラブされてた!!!!

もうね、唐突な歌と踊りは「そういう映画」と思って観に来ているからなんの違和感もないし、惹かれ合うタイミングとか言動が唐突過ぎて違和感しかなかった!!

せめて!せめて男女どちらかでもいいからもう少し魅力的な人物に描かれていれば感情移入なり共感出来たのだが、とにかく言動が自己中で腹立たしくて!!

夢に対する姿勢はそれでいいのか?!挫折で泣かれても今までの言動じゃしょうがないんじゃないかな?!なんて突っ込みたいのを我慢して迎えたエンディング、これが最高に微妙だった。

いや、演出は素敵なんですよ。映像の展開とか見せ方とか「映画にしたからこそ出来る演出だね!ミュージカルいいね!」となるし、内容もよくあるといえばよくあるんですが、いかんせんこれまでの彼と彼女の言動を思い返すと、「いやいやいや、ご都合主義もそこまでいくとイラッとしますぜ旦那!!」って感じでシラケてしまいましてね。

変に切ないっぽいラブストーリーにするくらいなら終始どんちゃんミュージカルにしてくれた方が楽しかったな…と残念だった。あと、気のせいか字幕もなんか微妙だった…(多分、気のせい)。

 

衣装と、歌と踊り、ジャズ音楽はよかった。映像もよかった。それらを堪能するつもりで鑑賞するのならば、観に行って損はないと思う。多分。

 

ちなみに一番よかったのは、コラボドリンク「ヴァイオレット・スパークリング」。

ヴァイオレット(すみれ)シロップのノンアルコールカクテルで、オレンジのアクセントが素晴らしかった。是非とも定番にして欲しい美味しさだった。

あいうえお料理 【す】

今回の食材は、【す】がつく【すじこ】!

f:id:EllieHK:20170510134337j:image

作る料理は…【すじこ丼】!!

 

え?そんなの聞いたことないって?

そうだね!いま名付けたからね!!

 

材料は、

・すじこ(醤油漬け)、エンガワ、大葉、ごはん(写真撮り忘れ)

調味料は、

・醤油

f:id:EllieHK:20170510134505j:image

 本当は、前回のしらすと混ぜようとしたのですが、日が経ちすぎていたので断念。

ちょっと頑張ったことがあったので、ご褒美がわりに奮発してエンガワを購入!

 

炊きたてご飯にのせれば、完成!

f:id:EllieHK:20170510134521j:image

では、(ㅅ'ω') ✨イタダキマス!!

 

【感想&次回メモ】

すじこ美味しかった!

エンガワも美味しかった!

でもこれ、バラバラで食べる方がイイネ!!

エンガワが思った以上に濃厚ないいお味だったし、あったかご飯でぬるくなり微妙になってきたので、結局すじこオンリー丼となりました。

次回、しらすでリベンジか、他にも合いそうな食材を探すということで。星三つ。

⭐️⭐️⭐️

 

✨(*´༥`ㅅ) ゴチソウサマデシタ!!

読了記録 その33

『本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント』

(松岡修造 / 文春文庫 / 530円 / 2011年8月10日発行)

f:id:EllieHK:20170510152248j:image

⭐️⭐️⭐️

 根拠のある熱血は、日々の努力から生まれる。

 

ただの声の大きな熱血おじさんかと思いきや、ものすごく努力の人な松岡修造。

彼の言動があれだけ熱血なのは、ネガティブ思考で苦しんできた過去があるからこそ誰かの背中を一押ししたいという気持ちに溢れているからのようだ。

本気になれば変われる!挫けずに、諦めずに一歩踏み出せば変われる!だからがんばれ!!とエールを送る姿の裏に、こんな冷静な思考が広がっていたのかと驚いた。

 

見開き2ページで1テーマで読みやすく、アスリート達の裏話も豊富で面白かった。

他の本と同様、読んで終わりではなく、実践が重要だと再認識させられた。

 

【覚えておきたい言葉】

・自分の足元をしっかりと見据えていれば、ピンチのときでも進むべき方向がわかる。

・ピンチのときでも学べることは何かある。絶望せず、アクションをおこしてみよう。

・人生には「チャンスの風」が何度も吹く。一つの好機を逃しても自分を責める必要はない。

あいうえお料理 【し】

今回の食材は、【し】がつく【しらす】!

f:id:EllieHK:20170430210921j:image

作る料理は…【しらすのおにぎり】!!

 

しらすって、そのまま食べるとチクチクして「( ・ὢ・ ) ムムッ」となるけど、ご飯と混ぜると途端に「永遠に食べてられるぜ!!ヽ(゚∀。)ノヒャッハー!!」ってなるから不思議ですよね。

 

材料は、

・しらす、ワカメ、ごはん

調味料は、

・塩

f:id:EllieHK:20170430210930j:image

 お米を炊いている間に乾燥ワカメを戻しておく。

ごはんにワカメとしらすを混ぜる時、塩も一緒に混ぜておく。

 

ちまっと握って…完成!

f:id:EllieHK:20170430210941j:image 

 うずらの味玉で、画面を賑やかし!!(笑)

f:id:EllieHK:20170430210954j:image

では、(ㅅ'ω') ✨イタダキマス!!

 

【感想&次回メモ】

ぼぼぼボクは、おおおおにぎりが好きなんだな。と思わず言いたくなるくらい美味しかった。おにぎり、偉大。

次回への反省点は、「もっと米を炊いておく」しか思いつかないので、星五つ。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

✨(*´༥`ㅅ) ゴチソウサマデシタ!!

読了記録 その32

『だいじな本のみつけ方』

(大崎梢 / 光文社文庫 / 480円 / 2017年4月20日発行) 

f:id:EllieHK:20170510130607j:image

⭐️⭐️⭐️

中学生時代に本屋さんや図書館でドキドキワクワクした気持ちを思い出させられる本。

 

良く言えば読みやすく、悪く言えば先が読める文章だったが、最後の解説を読んで納得。もどとは「朝日中学ウイークリー」に連載されていたらしい。

大人向けだと思うと物足りないが、中学生(それも本好きな中学生)にはぴったりだと思う。

 

ほんの少し謎解き要素もあってワクワクするし、後半の「だいじな未来のみつけ方」では本を通して様々な人と交流していく場面が瑞々しく心にしみた。

絵本の名前がたくさん出てきて、「世代を超えても読み継がれているんだな」と嬉しくなった。

 

中学生でなくとも本好きな人は一度読んでみても損はないと思う、可愛らしい本だった。

えいがかんそう 【ターシャ・テューダー 静かな水の物語】

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

アメリカの絵本作家ターシャ・テューダーの花に囲まれた美しい人生を見せてもらう映画。

 

絵本も本人も知らなかったのだが、ターシャが作り上げた庭や描く絵、そして彼女自身もとても素敵で、一気に虜になってしまった。

 

90歳を超えてもなお自分の手と足で庭を手入れする姿がとても美しく感じたのはきっと、何一つ無理をしていないからだと思う。

嫌々するのではなく、自分の好きなことを自分の出来る範囲で好きなようにやり、自分で出来ないことは素直に人の力を借りて感謝する。その姿が、美しく見えた。

 

中盤から出てくる孫の嫁エイミーが、ターシャと共に過ごすうちにどんどん素敵な雰囲気が増していくように感じていたのだが、エンディングでその集大成を見られて思わず涙が溢れた。

ターシャが生きてきた歴史を途切れさせることなく繋いく姿が新たな物語の始まりのようで嬉しかった。

 

いつも通り記憶が曖昧だが、エイミーがターシャについて語った言葉も覚えておきたい。

「人生は選択の繰り返し。ターシャはそのひとつひとつの選択肢と真剣に向き合ってきた。だから今の彼女の人生は素晴らしいの」

読了記録 その31

『人生は引き算で豊かになる』
(有馬頼底 / 文響社 / 1,280円 / 2017年4月4日発行)

f:id:EllieHK:20170509200730j:image

⭐️⭐️⭐️⭐️

ありのままの自分とありのままの人生を歩んでいけばいいよ、と教えてくれる本。

 

ひとは生きるに従い色々なことに拘り、とらわれてしまい、様々なことに悩むようになる。

だが、ひとは本来なにも持たずに生まれ、なにも持たずに死んでいく。ただ、生きているだけで尊い存在。

拘りなど不要なものを持つことでそれを忘れてしまい苦しんでいるのだから、それら全てを手放してしまいましょう、と説いてくる本。

 

禅語の説明もわかりやすくて読みやすかった。

 

【覚えておきたい言葉】

・放下着

・百花為誰開

・和敬静寂

・頭上漫々 却下漫々

・本来無一物 無一物中無尽蔵