読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるきづき

これまで歩いてきた人生と、これから歩いていく人生で気づいたことを綴っていくブログ 〜ご飯と本と、時々、映画〜

読了記録 その5

『文具に恋して。』
(菅未里 / 洋泉社 / 1,200円 / 2016年10月7日発行)

f:id:EllieHK:20170419125948j:image

⭐️⭐️

東急ハンズの文具コーナーで発見。

さすがハンズ、商売上手。客層を分かってらっしゃる。

 

著者のエピソードの中でいろいろな品名が出てくるが、写真はなし。数点のフリーハンドイラスト。こじんまりとした絵で可愛らしい。

文体も内容もおっとりしていて、商品紹介というより「あ〜この人は文具が好きなんだね〜」と感じる本。

 

『見栄っぱり文房具』、『おうち文房具』、『働く文房具』、『接客文房具』など独自の表現が出てくるが、文房具好きとしては「超わかる〜」と相槌が止まらない。

 

ジェットストリームやサラサが出てきて嬉しい反面、ほとんどがペンだった部分と、定番品や「女子高生はピンクが好き」などの店員さん目線の章が若干物足りなかった。

 

もう少しマニアックな品や話を期待していたのだが、よく考えれば「文具ソムリエール」なのだから、あまり奇抜なものはお勧めしないだろう。プレゼントを選ぶ際には親身に相談にのってくれそうだ。

 

確かに、文体も雰囲気も「恋」という表現がぴったりかもしれない。

 

あと、カバー外した本体表紙のイラストデザインも可愛かった。捲って見るべし。