読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるきづき

これまで歩いてきた人生と、これから歩いていく人生で気づいたことを綴っていくブログ 〜ご飯と本と、時々、映画〜

テレビと映画とミニマリズム②

テレビを手放してしばらくたってなら映画館に行った時は、自分でも驚くほどに感動した。

 

人がお芝居をしている!面白い!

音楽と映像がシンクロしている!素敵!

たくさんの人の力が合わさってこの映画が出来ているんだ!すごい!

 

と、何もかもが新鮮に感じた。

 

映画がテレビより上だと言いたい訳ではない。

テレビを手放すことで日々の小さな刺激が減り、感覚が研ぎ澄まされ、結果として映画館で受け取る刺激が増えた感じだ。

これはまさに、ミニマリズムの本質だ。

 

身の回りに溢れる無駄なモノを省き、本当に大切なモノだけ受け取る基盤作りこそが『ミニマリズム』だ。

 

テレビを持っているからダメな訳でも、映画館に行けばいい訳でもない。

テレビを持っていてもいい、DVDをレンタルしてもいい。

大切なのは、「いま、この瞬間」に集中出来ているかどうか、だ。

 

それさえ分かっていれば、今後テレビを買い直そうが、映画館に行かなくなろうが、どちらでもいいと思う。

 

ただ個人的には、あのゾクゾクワクワクの快感がクセになってしまったので、これからもテレビは持たず映画館に足を運ぶ日々が続きそうだ。